シックなおやじになるぞ⁉フレンチスタイルブログ

フランスブランドを通してライフスタイルを考え日本のシックなおやじを目指しています。

たかがファッション

ファッションであれば何を取り入れても、着ても許されるのか?

ボンジュー  ムッシュー サバ⁉︎

多分20年ほど前だったと記憶しているのですが、日本人のメンズデザイナーにメンズファッションの基本は、スポーツ、ミリタリー、ワークが基本である。その後も とうとうと持論を聞かされました。

なるほどと思ったと同時に「えっ基本?」「そんなもん、どうでもええやん」ファッション関係の奴って面倒くさい奴が多いけどメンズの方がもっと面倒くさいなぁ...

私自身は、そのときは、女性のものしか扱った事しかなく 男性向けは、論理的というか,うんちくが必要なのだとも感じました。

ミリタリー=軍服 というファッション

m-yanagihara.cocolog-nifty.com

引用元:柳原美紗子さんアンテーヌ・アイ ブログ

婦人服を含めた 今の洋服は、軍服の要素とデティールを取り入れていると私も思います。スーツやトレンチコートを着ていて非難を受けたり、不愉快な思いをしたりする人は、今の世の中では、そんなにいないと思っているのです。

テレビのワイドショーでアイドルグループが着ていたもので、批判されていることについて

コメントを求められたほぼ同年代の女性タレントが 「私達も迷彩柄、カモフラージュ柄ってファッションとして普通に着るじゃないですか⁉︎ 」というのをテレビで見たとき思い出しました。

されどファッション

 

                         f:id:general-bass:20181214103624j:plain


パリで同行していた連れが迷彩柄のコートを着ていました。 地下鉄の駅を出てとき 近くにいた 中東系の男性が 「ソルジャー 」「ソルジャー」と叫びながら 連れに絡んできました。

昼間でしたが酒臭かったので酔っ払っていたと思うのですが、

私は、やはり考えてしまいました。 パリは、 中東からの移民 難民がやはり多いです。日本でも、ヨーロッパで難民受入の問題をニュースで知ってはいましたがこの頃特に多くなったように感じます。

彼らにとって戦争は、最も身近な重大問題だったのだという事を思い知らせられました。

www.generalbass.net

f:id:general-bass:20181203115826j:plain

LEYS(ルリス) Dominique Lelys(ドミニク・ルリス)さんの笑顔と言葉を思い出しました。

洋服がその人の個性を作るのでは決してない。人としての魅力と 品格そして愛する人への思いやり オープンな気持ちがあれば良い。値段の多寡ではなく 自分に対して価値があるもの 自分が良いと思うものを着ればそれで充分である。

 メルスィー  オバ!

créme la de crème

 TOM