シックなおやじになるぞ⁉フレンチスタイルブログ

フランスブランドを通してライフスタイルを考え日本のシックなおやじを目指しています。

おやじの勉強会 in 日本

 傍目八目 (おかめはちもく)

 

 

ボンジュー ムッシュー サバ⁉︎

私は 「はためはちもく」 と読み 家族にバカにされました。この言葉の意味がわかった時に 「はたから見る」という事なので 「はため」と理解しました。

この傍目は、その事柄について全く何も知らなければ ただ見ているだけになります。

下記は 何度も読み返す記事なので引用させていただきました。

bizgate.nikkei.co.jp

引用元:日経BizGate

記事を読むと全部なるほどなのですが 私は技術者ではありませのんで6からの記事を中心に自分にあてはめて読ませていただいていおります。

 

おやじの勉強会

 

誰かが招集し不定期ですが気のおけない仲間が集まり好きなツマミで好きな酒を飲みます。場所はその都度仲間の都合次第どこでも。 安くてゆっくり話しができれば店はどこでも良いですし 美味ければ最高です。

経営者もいれば勤め人もいる。 ほぼ同年代 元先輩 後輩も多いが利害関係はありません。 この勉強会メンバーは同じ業種 ですが女性向け 男性向け いわゆるターゲットも取り扱っている商品もそれぞれです。

思い込みは正す

 

もちろん愚痴はあるし知らなかった情報も聞ける。 業界の裏話も面白い 。

自分の事を話し聞いてもらう 最初から自分で答えは持っているのだが その答えを同調や反論を聞き確かめている

同業種といえども環境は違う 新たに気づかせてくれる事はとても多い。最後はお互いいがんばりましょう 次の約束などなく 握手で別れます。

思い入れは持つ

 

皆さん フットワークがとにかく軽い。それぞれに豊富な経験を積み見識を広めて 人脈 実績 実力もあると思います。それでも常に現状に満足していない姿勢を感じます。

 

直接的な利害関係を持ってしまうとこの勉強会は長続きしないし成立しない そのせいで残念ながら参加しなくなった方もいる。

幼なじみ 学生からの友人とは違うし 友人と呼ぶのもなんか…はばかれます。もちろん仲間なので困った時はお互い助け合う この関係性は大事だと思いますし距離を保つもの難しいが大切かと思っております

 

異業種交流会 

 

1度お付き合いで参加させていただいた事があります。これはいわゆるビジネスマッチング 的なものでした。

なるほどというビジネスをされている方も多く異業種ながら勉強にはなります

しかしながら殆どの方は営業が目的なので 私は居心地の悪さを感じ早々に失礼させて頂きました。 マルチ商法的な勧誘にも使う人も多いと聞きました。

 

勉強会は ついつい飲み過ぎてしまうのが…

家族にとっては 

ただのおやじの飲み会にしか思えないらしいです

メルスィー オバ!

créme la de crème

TOM