シックなおやじになるぞ⁉フレンチスタイルブログ

フランスブランドを通してライフスタイルを考え日本のシックなおやじを目指しています。

言葉はツール⁉

伝える事の難しさ

 

ボンジュー ムッシュー サバ⁉︎

英語が堪能な先輩に英語はツールの一つだということを聞いた事がありました。その方は英国留学の経験もあり 仕事の実務経験も豊富で実力のある方でした。私はその時は全くピンときませんでした。

英語はツール

 

外国人デザイナーが来日した時  雑誌掲載のインタビューなどで通訳の方をお願いすることがありました。

そのデザイナーが自分の商品について掘り下げた話しをしようとしましたがその通訳の方はその商品についての事が良く分からなかったようでした。

デザイナーが伝えたい事を翻訳するには専門的な知識が必要でした。専門的な俗語のような単語も出てきます、それを聞き返すことで 廻りで聞いていた私達が感じるくらいにデザイナーはみるみるうちにストレスがたまっていきました。 

結局その通訳を無視して商品を手にしたり 道具を使うジェスチャーをしたり 持ってきた写真 近くにあった他社の商品まで持ち出して廻りにいる日本人達になんとか伝えようとしていました。

 

英語力を活かせる仕事

 

 私が以前に勤めていた会社は今とは扱う商品は全く違いますが 今の仕事の内容は基本は同じ でした。外国から輸入して日本で卸売をするBtoBの会社でした。

13年ほど前 中途人材の採用で 条件として仕事未経験可 英語力を必須条件としたことがありました。

応募してきた人は仕事は殆ど未経験者 いわゆる語学留学者 なかにはCAさんから転職しようと考えておられるの方も確か2名おられた。 皆さん優秀でTOIEC770 点以上の方ばっかりだったと思います

応募の動機は好きなファッション業界に入り 日本で得意な英語を活かしたい仕事がしたいという人達でした。

 
こんなはずじゃなかったという焦り…

 

彼らは 自分の得意な分野で早く会社の一員として役に立ちたい その気持ちは良く分かります。

しかしながらあくまでも仕事のベースは日本のお客様相手。 取扱う商品も多い 貿易の実務も必要 プロフェッショナルとして経験して覚えなければいけない事は一朝一夕では難しい。

頻繁に外国人が来日するわけではありません たまに来日してミーティングしても世間話しかできませんでした。(これも重要なのですが...)

彼らは何とか役に立とうと英語な不得意な先輩スタッフの仕事を手伝おうとしました。

しかしその先輩達は彼ら後輩に面倒くさい英語のメールを丸投げする始末。 実務経験に乏しい人間が書いたメールなど相手に伝わる訳がなく 誤解からトラブルを起こすようになりました。

そんなこともあり 役に立てていないという焦る気持ちと 英語という自分の武器が錆びていくという風に思い始め 結局辞めてしまった人もいました。

もちろんこれは雇用した側の責任は重大であるという事は今も感じております。

メール文章の画面に見える相手

 

 私は超能力者ではありませんが この頃画面を見ているとそのメールの文章だけで相手の表情 状況 どんな気持ちか みたいなものが画像として見えてくるのです。

例えば

「これやってないな」「 焦ってるな」「 乗り気じゃないな」「 理解してないな」「やっと納得したな」 「これ以上突っ込むとキレるな」

そんな感じです

私はフランス語は喋れません。メールでのやり取りも英語でしかできません。 仕事を始めた頃は1通のメールを作るのに半日もかかりました。

事がスムーズに運べばお互いハッピーなのですが やはりそれぞれのその時の事情 色々な要因でどちらかというと厳しいやりとりの方が多いのが現状です。

国民性も違うので 良い結果を得る為にはどうしてもお互いの主張をぶつけあって理解を得なければなりません。

 

相手はフランス人 英語はお互い外国語

 

単語 表現の間違いで誤解もある それでも気持ちの入った 伝えたいという自分の言葉なら そんなの関係なく 通じます

言葉以外でも今はメールで写真は送れる 動画も手軽に撮れるようになったので言葉でずらずら列記するより一目で伝える事も可能です。時差さえ気にしなければ無料でskypeもあるし 更に手軽な(私はですが)LINEで国際電話はできるし さらにビデオ通話までできる 伝える事手段は意思さえあればいくらでもあると思います。

 
日本人同士

はっきりとした声で冗談交え理路整然と喋る人。

口下手で 時々聞き取れない時もあるがなんか伝わる人 。

メールだけの人。

メールで詳細は送り 読んだなぁと思ったタイミングで電話をかけてくる人。

電話だけの人。

とにかく会って話しをするという人。

 日本人同士でも伝えたつもりでも伝わってない事は多々あると日々感じています。 難しい…

 

コミュニケーション能力

 

日本語、英語、フランス語であれ言葉が使えるだけではコミュニケーションをとることは無理であると考えます。

私は

1)挨拶は必ずちゃんとする

2)顔を合わして話すときは相手の目を見る

3)言葉がわからなくてもわかろうとする

4)相手の立場は理解する

5)意思意見は必ず伝える

意思や意見が無いということは事はその場には自分が存在しないと考えます。

 語学力を否定するのではありません。今外国人の来日が増え 接する機会が増えてきました。もし彼らが下手な日本語でも使ってくれたら嫌な気持ちになる日本人はいないと思います。嬉しいはずです。

今の私にとってはにより深いコミュニケーションをとるためには自分語学力は必要不可欠だと思っております。

家庭では 私が主張することが多くなったと感じるらしく  奥さん曰く「なんかこの頃性格が悪くなったね…」と言われてしまいます…

コミュニケーションをとることはやっぱり難しいです…

メルスィー オバ!

créme la de crème

TOM