シックなおやじになるぞ⁉フレンチスタイルブログ

フランスブランドを通してライフスタイルを考え日本のシックなおやじを目指しています。

おやじの化粧その2

革靴の色抜け

 

ボンジュー ムッシュー サバ⁉︎

お客様からのお修理依頼で、Hardrige (アードリージュ)革靴の色落ちが酷く 自分で補色しても色がのらないという相談を受けました。この靴はデュプイのBOXカーフ使っています。

www.lastmagazine.jp

引用元:LASTさん

f:id:general-bass:20181203112756j:plain


送っていただいた靴がこれです。

このお客様は、靴を脱ぐとき 手を使わずに靴のかかと内側同士で脱いでいるようで 擦り傷があります。つま先部分左側に擦り傷が集中しています そこから色抜けしてしまっていました。

私も同じ革、色の靴を持っています。気をつけているのですが、石畳の段差や側溝の金具にひっかかって傷をつけてしまう事があります ショックでその日はブルーな気分になります。

さすがに 毎日靴を手入れはしませんが、一週間おきにはくらい間隔で手入れをします。

 

f:id:general-bass:20181203112845j:plain

そのときは、まず傷の補修が第1なので 写真の無色乳化性クリームのどちらかを使います。無色を使う理由は、茶色の色付きクリームは微妙に色が違うので色むらがおきます。浅い、擦り傷くらいなら無色でも他の傷のない部分からの色がクリームに移りと色が染まっていきます。 乾燥しては残ったクリームを拭き取りそれを2度ほど繰り返します。それで大体元に戻るのですが...

f:id:general-bass:20181203113018j:plain

更に気になるような時はこの乳化クリームを使います 色は豊富なので選べば、茶色でも色ムラがおこることはあまりないと思います。

f:id:general-bass:20181203113056j:plain

修理前

f:id:general-bass:20181203113206j:plain

染直し後

f:id:general-bass:20181203113248j:plain

新品

このお客様の色抜けの考えられる原因はやはり放置期間を含む、保管状態が良くなかった事と革の乾燥だと思われますが、具体的な原因が未だ特定できていません。

ここまで色落ちしてしまうと染直しをしなければなりません 写真のようにむらなく上手く染めはできましたが、残念ながら、独特の質感はやはり変わってしまいました。

靴の染色堅牢度JIS規格基準(色落ちの日本工業規格)

 

ご参考迄に 

日本は、人が身につけるものについて(洋服、下着、鞄等々)の色落ちの基準が他国と較べると厳しいです。しかしながら革靴履物の甲部分(表革です、裏地革の基準は除きます)は、他の製品と較べれば基準が緩い、つまり色落ちし易いのです。しかもJIS規格基準には乾燥時の染色堅牢度基準しかありません。つまり濡れた状態での色落ち基準がないのです。なので乳化クリームでも色移りがするのです。 

靴は地面に接する部分雨に濡れる事も多いですし、傷もつきやすい 厄介なものです。

JIS規格基準で選ばない靴好きのおやじは多いのですし、仮に規格基準を今より厳しくすれば革靴好きのおやじは激減するのかもしれません。 

それを手入れして化粧するのもおやじです。手を抜くと夜電車の窓に映った自分の顔のようになってしまいます。 

これからの季節 お肌も靴もやはり乾燥は大敵です。手入れを怠ってはいけません。

メルスィー オバ!

créme la de crème

TOM