シックなおやじになるぞ⁉フレンチスタイルブログ

フランスブランドを通してライフスタイルを考え日本のシックなおやじを目指しています。

HUSBNADS/Nicolas Gabard(ニコラ・ガバール)が提案するスタイル

HUSBANDSのコート 

 

f:id:general-bass:20181203145516p:plain

                 Model:#GABIN

ボンジュー ムッシュー サバ⁉︎

日本も寒くなってきたのでコートを着る季節になってきました。私は、この時期になるとハズバンズのスーツを着るときコート選びに悩みます。ハズバンズではウールのコートはGABIN というコートがあります。モデル名のイメージは俳優ジャン・ギャバン デザインはダブルブレステッド 。

私自身は、欲しかったのですが超〜似合いません。

ジャン・ギャバン - Wikipedia

コドモ警察のようになってしまいます。 完全なブランド殺しです。カッコイイのですが、残念ながら着る人を選びます。

 

コドモ警察

コドモ警察

 


www.amazon.co.jp

引用元:Amazonさん

ミックスアンドマッチという提案

 

ニコラは 自分の作ったもの以外で他のブランドをコーディネートとして合わせる事は拒みません。気に入れば新しい発見と喜んでくれます。しかしながら、例えば、私とか顧客がGABINのコートは、似合わないので自分達に似合うシングルのコートをハズバンズとして企画してほしいと頼んだとしてもブランドイメージと違うものは断固拒否します。顧客に対しても自社以外、お客様の手持ちのものとの着こなしを積極的に提案しています。

ハズバンズスーツとニコラおすすめの他ブランドのコート

Barbour( バブアー)

f:id:general-bass:20181203145630p:plain

日本でも人気です。パリの 左岸にもお店がありますし、パリのおやじ達も着ているのをよく見かけます。

モッズコート

f:id:general-bass:20181203145617p:plain

日本では、色々なブランドが色々な解釈のデザインで販売していますがそういえば海外ブランドでこのアイテムを打ち出しているところは私には、心当たりがありませんしそういえばパリで着ている人はハズバンズのスタッフ以外みかけたことがありません

HUSBANDSのアクセサリー

  f:id:general-bass:20181203144927p:plain f:id:general-bass:20181203145841j:plain

 

   

  f:id:general-bass:20181202150827p:plain    f:id:general-bass:20181202151320p:plain

マフラー とシルク生地のストール この中途半端な幅が良いようです。

ニコラは余程のお気に入りでウール素材でもまた作っていました。

ニコラは全ての会う人に必ず自ら巻いて「どうだ!クールだろ?」勧めます。 私には女子高生にしか見えませんし、 中途半端な大きさのストールの良さがわかりません?

スタッフ以外、顧客でもしている人は見たことありませんが、ニコラはそれでもめげずに今も勧めています。

ボートネック肩ボタン付きニット

f:id:general-bass:20181203150038p:plain

 ボーダーでなく無地、ジャケットのインナーに着る提案です。

日本ではなぜかボーダーばかりで無地がなかなか見つかりませんでしたので、私はパリで購入しました。

f:id:general-bass:20181202152748p:plain

引用元:www.printerest.com さん

ボーダー柄こそ、フレンチカジュアルという打ち出しで品揃えしていますが、私が知る限りフランス人で着ているのを見たことがありません。

ましてや、ベレー帽でボーダーのパリジェンヌもパリジャンも観光案内の人しか見たことがありませんフランスでは、ベレー帽は、こんなイメージのようです。

f:id:general-bass:20181202152915p:plain

引用元:株式会社 明治 さん

私はニコラが提案するミックスアンドマッチの基準が未だによくわからないのです… ニコラ自身も、主観のみで上手く伝えることができないのだと思います。

日本の業界人は、「外す」という装いをよく提案します。本来この「外す」ということは、定説とおりにビシッと決めるのがなんか照れくさい、逆に格好悪いというので「外す」ことをするのだ、というのを先輩から聞いたことがあります。また「今の奴らは外すことが目的なっいる…」とも

私なりにミックスアンドマッチを考えてパリに行きニコラの評価を聞くのも楽しみの1つです。

当たり前のことですが他人を気にせずに自分が似合うと思い、心地良く過ごせるのがなにより大切ではないかと思います。

それがやがて自分のスタイルになっていくのだと考えます。

メルスィー オバ!

créme la de crème

TOM