シックなおやじになるぞ⁉フレンチスタイルブログ

フランスブランドを通してライフスタイルを考え日本のシックなおやじを目指しています。

Caulaincourt (コーランクール)という靴のブランド

 Alexis Lafont (アレクシー ラフォン) の出会い

 

 

ボンジュー ムッシュー サバ⁉︎

当時は、私自身の好みとは違いましたが 少し色気のある靴を扱いたいと思い色々とフランス靴をリサーチしていました。 

 f:id:general-bass:20181104182859j:plain

        f:id:general-bass:20181104183003j:plain

 

2014年7月3日木曜日 最初のアポイントメント

シャンゼリゼ大通り凱旋門を目印に坂を上って左に曲がったビクトルユーゴ通りのお店で初めて会うことになっていました。

凱旋門を背にして この通りを少し歩いていると

ブロンドのちょっとクセで長髪のオヤジがお店の前で私たちを出迎えて下さいました。

最初は遠目で姿を見かけたので 第一印象は腹も出ているし足も長くないずんぐりムックリ体型 しかしながら実際近くで会い挨拶したときの笑顔 目の輝きから 雰囲気自体が印象に残りました。

私の知っているフランスを含めた おやじにはないタイプでした。 とても魅力的でカッコいいというのが第1印象でした。

 

彼はクラシックなものへ敬意を払うが興味はない

    f:id:general-bass:20181104183404j:plain

 

靴屋を仕事として選んだ理由

 

アレクシーは幼少の頃 最初は絵に興味があり描いていたが それよりも彫刻を作る方が好きになり それから写真と出会いプロというわけではないがかなり凝っていたようで それは話しの内容と コーランクールで彼が撮っている ホームページ やインスタグラムの写真を見てもそれは理解できました。(プロのカメラマンは使わずアレクシー自ら撮っています)

www.caulaincourt.paris

www.instagram.com

 

 

とにかく美しいものが作りたいという気持ちから 立体的で美しさを表現できるのは靴だと考えるようになり この職業を選んだようでした。

彼は著名なブランドで修行するのではなく先ずアトリエ(工場 工房)で靴作りの基本を学び それから店を開きCaulaincourt立ち上げました。

バイオリンは大嫌いだけどとこの話しの最後に苦笑いを浮かべながら「ぽっん」と言った言葉がなぜか印象に残っています。

 

f:id:general-bass:20181105121859j:plain

Caulaincourt というブランド名

 

パリの地下鉄にCaulaincourtという駅があり通りや広場の名前にもなっています。ロンドンに初めて行ったときもそうでしたが パリでも駅名地名をそのまま ブランド名にしている日本のお店 ブランドが多いので結構安易につけているなと感じていました。(ネタ元はこれかと)私は最初アレクシーもなんかこの土地に縁がある程度にしか考えず ブランド名には触れませんでした。

 

kokonkitanshusei.blogspot.com

引用元:古今綺譚集成kataohiさんのブログ

f:id:general-bass:20181105115903j:plain

 

後日 彼の母方の先祖が ナポレオン一世の側近で貴族だったと聞き そこからブランド名を付けたという事を知りました。それでラストやモデルの名前 ブランドのLOGOも使っているのだという事に気がつきました。

 

お店の地下はVIPルームなのですが そこに鹿の剥製がかかっており これはアレクシーが自分のお城で狩猟をして仕留めたといっていた事を思い出しました。母親がバイオリニストだったらしく無理矢理習わせられたので嫌いになったという事もその時初めて聞き 貴族の家柄でも色々と大変なのだとも

 

f:id:general-bass:20181105115642j:plain

 

日本での雑誌掲載

 

アレクシーが2年程前に日本の靴専門雑誌が取材に来たけど知っているか?との質問がありました。

もちろんその雑誌は知っていたので 日本でバックナンバーを取り寄せました。その号はパリの有名ブランドの特集 その取材の途中に立ち寄ったみたいな内容でした。 ブランド名の日本語表記も店主の名前も間違っ

ていましたし 内容も?な部分がありました。

しかしながら「パリの今の気分の靴屋」という事は間違っていないと私も感じました。

Caulaincourtはパリの靴屋です。

メルスィー オバ!

créme la de crème

TOM