シックなおやじになるぞ⁉フレンチスタイルブログ

フランスブランドを通してライフスタイルを考え日本のシックなおやじを目指しています。

おやじの勉強会 in パリ

洋服のないパリの洋服屋

 

ボンジュー ムッシュー サバ⁉︎

f:id:general-bass:20181017161957j:plain

次のアポイントメントまで時間ができたので ウインドからお店を見ていた時の事 いきなりドアが開いて怖そうなおやじが手招きして入って来いと

 

おやじ「ファッションウイークで日本から来たのか?」と

私が自分の仕事の内容を説明すると自分達の事を色々教えてくださいました。

 

このおやじ達1980年代から2010年までパリ市内に5、6店舗を構えていわゆる日本でいうセレクトショップを結構手広くやっていたようです。

 

しかしながら 年々ビジネスは下降線を描き、リーマンショック後に全て店を整理して アメリカにも行き再度小売店の勉強をしたそうです。

帰国後は、 ヨーロッパ中の生地屋 工場を回って パリのおやじ達に喜んでもらえるよう色々考えて 再度この店を開いたのだと。

今は1店舗 前と比べて規模は全然小さいが前より儲かっているんだ 内緒だよっ🤫 と。

f:id:general-bass:20181017162557j:plain

商品と今の自分達のビジネススタイルを色々と説明してくれました。

 

それだけでなく フランスのおやじのスタイル等々 本当 色々と教えてくださいました。

 

その時お客様も何人かいて おやじと私の姿を「また やっているよ おやじ...」くらいに見ていました。

 

おやじ 「ところでお前は フランスのブランドって 何を取り扱っているんだ?」

私   「HUSBANDS」

おやじ 「 ハズバンズってニコラのところか? あいつ今パリで注目されてきて調子良いじゃないか!他は?」

 

www.generalbass.net

 私   「Caulaincourt」

 

www.generalbass.net

 

おやじ 「お前コーランクールもやっているのか?」「あいつら未だ若いが良いものを作っているよ 押し付けのブランドでなく地元のお客さんのこと考えているからなぁ」「 他は?」と

 

それを聞いていた店のお客さんも私を見る目が変わりました。

 

おやじ 「いいものやってるなぁ」

「今は日本も昔に比べて景気は良くないのだろ?人口も減っているし 大きな成長は見込めないだろ 日本もこのパリを含めたヨーロッパみたいに貧富の差が広がるんじゃないか?」

確かにそうだなぁ...と

 

フランス人は自分の価値感に合わないものは買わない倹約家が多いのですし 物を大切にする文化があると思います。

バーゲンセールがあるところならその時しか買わない。 

買っているのは外国人ばかり 30年前なら日本人 今はそれに変って中国人がやはり多いです。

f:id:general-bass:20181017172153j:plain

帰りにはおやじの出身地? ローヌのワインをくださいました。

おやじ「 今度パリにくる時は日本酒もってこい」それと「いつでもおいでと」おっしゃってくださいました。

このおやじとは取引はありません。時間があれば 日本酒持って話しを聞きに行きます。

今度飲み会誘おうかなぁ...

 

後日 HUSBANDS ニコラはこのおやじから私が行った事は聞いていました。

ニコラも色々とこのおやじには相談しているようで 見た目もそうですがちょっとした親分的存在のようです。

 

こういう優しいというか とにかくあたたかい 愛すべきオヤジ達 フランスには本当に多いです。

ちなみに「洋服のない洋服屋」はこのおやじ達のコンセプトだそうです。

メルスィー オバ!

créme la de crème

TOM