シックなおやじになるぞ⁉フレンチスタイルブログ

フランスブランドを通してライフスタイルを考え日本のシックなおやじを目指しています。

贈り物を頂いて 涙した事ありますか?

心が折れそうだった時

 

ボンジュー ムッシュー サバ⁉︎

2018年9月18日火曜日お客様からブドウを頂きました。

私は生まれて初めて贈り物で号泣してしまいました。もちろん嬉しくて です。

 

私が直接個々のお客様に自分達の扱っている商品や事を伝えようとしたこのブログを始めるきっかけのお客様 いわば最初のファンの方からの贈り物でした。

 

  f:id:general-bass:20181027121038j:plain

習慣文化

 

私は 生まれてから人には恵まれていました これだけは誰にも負けないと自負しております 。

良く母や叔母から 頂いたお祝いや贈り物へ「ちゃんと感謝のお礼の電話はしたか?」「お礼状送ったか?」「 お返したか?」 と

先様にお伺する時「手土産持って行ったか?」と事あるごとに聞かれていました。

 

これは 母や叔母からその友人お祝いや贈り物を頂いても 私がお礼も連絡もしない事 。

人の気持ちがわかっていない。お世話になった人への礼儀がなっていない。

それは私を心配しての事でした。

 

当たり前という甘え

 

私はその当時「早朝から深夜まで働いている 休日出勤も多い 忙しい たまの休みくらい全部忘れたいそんな暇はないという」勝手な言い訳… 贈ったお礼期待するなら贈るな…

当時は感謝の気持はあったつもりですが 今思うと「無かった」

どうしようもない息子 甥でした。

 

感謝の気持ち

 

そんな私でもただ単にその人の喜ぶ顔が見たいとそれだけの事を考えながら贈り物やお土産を選ぶようになりました。

それを知った母は最初びっくりしていましたが、やはり嬉しそうでした。

 

フランスでは日本人のように他人に対してこれからお世話になるから、なったからとお礼と感謝を表す為の贈り物を送る習慣文化はないようです。

逆にいわれのない贈り物は下心あるのではと疑われる人もいると聞きました。

それでも私のお付き合いのあるフランス人は 私にプレゼントをくださったりすることは多々あります

やはり習慣とか文化ではなく 感謝の気持ちではないでしょうか?

 

先日夫婦でお返しの話しをしていたとき それを聞いていた息子が「母さんは お返しとかいつも金の話しばかりする」と 

「この親にしてこの子あり」反省するばかりです

 

私はブドウをという気持ちを頂き 

一気に心が癒されました。

あっ‼️ ブドウ一箱独り占めしていました。 今 気付くとは まだまだです…

 

メルスィー オバ!

 

créme la de crème

TOM