シックなおやじになるぞ⁉フレンチスタイルブログ

フランスブランドを通してライフスタイルを考え日本のシックなおやじを目指しています。

HUSBANDS

ハズバンズ Nicolas Gabard(ニコラ・ガバール)との出会い

      f:id:general-bass:20181027080734j:plain

 

ボンジュー ムッシュー サバ⁉︎

2014年4月の土曜日 パリ市9区 通称「SOPI」ソピとういう地区で新しいクリエイター達が徐々にだけれどお店を出しているという話を聞いて行ってみました。

 

SOPI

 

 

名前の由来は ムーランルージュで有名な歓楽街PIGALLE(ピガール)という駅の「南」SOUTHにあるから 頭文字でそうよんでいると (フランス語で南は確かSUD?)

 

ピガールの夜は日本でいえば歌舞伎町の雰囲気。

 この地区は楽器屋さんが多い オペラから徒歩で20分ほど 食べ物屋さんは小洒落たところもあれば庶民的なお店も多い。

f:id:general-bass:20181020153427j:plain

スーパー 果物屋 魚屋 肉屋そしてパン屋があり庶民の日常的な店その間に小さな洋服屋 靴屋など小洒落たお店が点在している 変わった街並みに感じました。

f:id:general-bass:20181020153456j:plain

この下町とも呼べるメインストリートから横道に入リ先を見る行き止まり もう何もないかなと思う道の途中左側に8坪程の小さなお店がありました。

f:id:general-bass:20181020153541j:plain

ウインドウには Stockman(ストックマン)のトルソーにジャケットがディスプレイされシャツとネクタイは無地でした。

 

店の中を覗くとテーブルに置かれたMac Bookの画面を見つめているムッシューがいた。その時の第1印象は テーラー屋さんかな ?でもいわゆる注文服のにおいは感じられなかった。ムッシューと目が合い「ボンジュール」と挨拶しお店にお邪魔した これが ニコラとの出会いでした。

 

HUSBANDSというスーツ

f:id:general-bass:20181020142159j:plain

ブランドはこの店からスタートしもうすぐ2年になるという。 彼は身長178cm くらい 胸板は薄い 筋肉質ではあるが華奢で印象としてはヒョロっとしているタイプ。

彼の祖父がかなりの洒落物だったらしく クラシックスタイルが大好きだと 

ブランドのスタイルは「スーツ 」それが基本。

 
ジャケット

作りはフルキャンバス 馬の毛を使った芯地を使い 構築的な肩と胸 それは英国の雰囲気でした。

当時縫っているところは北イタリアでした。

彼は素材も英国好き 1番のお気に入り素材はフォックスブラザースのフランネル。

スタイルは ジャケットは46サイズで着丈74.5cm と長め

フィットはドロップ8

 

トラウザーズ

前股上は多分28cm以上はあり完全にへその上 ヒップは更に深く腰全体を包み込む感じだった。

 

おススメのディテールはベルトレス またはそれにサイドアジャスター付き 当時としては 全く世の中とは真逆の事をやっていた。

ただ裾幅だけは17cmでテーパードシルエットその時期としては普通だった。

 

試着

私は身長174cm ニコラとは全く違う体型 上半身は肩幅もあり胸板が厚い 猫背 前肩 下半身は上半身に比べて細い足も短い マッチ棒を想像してもらえば良いかと 日本人の中でも特別なブサイク体型 よくブランド殺しと言われていて それが私のコンプレックスであります。

私が着るとジャケットは脇から背中にかけへんなシワが出来綺麗に見えない(何を着ても同じなのですが....)アームホールのかま底は脇に吸い付くような感じ。構築的な作りなので副資材も多く ニコラの好きな英国の生地なのでずっしりと重かった。

 

ニコラにとっては動きやすいようだが 私には動きづらく着心地は良いとはいえなかった。

 

体型によりここまで着心地は違うものかという事を感じました。

 

ただトラウザーズは私でも不思議と足が長く見えたし 全体のバランスから ジャケットの長さもさほど気にはなリませんでした。

 

なるほど

 

このジャケットのシェイプ ポケットの位置 丈 それとトラウザーズの股上の深さとの全体のバランスがあって初めて 彼の表現したい「スーツ」と呼ぶのだと 単純に上下共布という事ではないのだと理解しました。

確かにこれでベルトが身体の真横に入ると バランスが崩れ野暮ったく見える

だからベルトレスだったのだ…

全体は、とてもシックというかエレガントで私でもカッコいいと感じました。

気のせいか鏡に映る自分が賢そうに見えました。

これがフランスのスタイルかと思いました。

 
HUSBANDSの意味
 

 

ハズバンズ 意味は もちろん「夫 」家に帰れば奥さんに尻を叩かれ 家事も子供達の世話もする。外では 仕事での人間関係 お金 etc... 色んなものを目いっぱい背負い四苦八苦しながら生きているおやじがイメージ。

ただ 「ビシッとキメて」孔雀のような華やかを求めるのではなく 疲れたらひと息ついてネクタイを緩め 着崩しても「カッコイイ」そんな着る人の内面を引き出せるようなスーツを作っている それを着てもらいたい。

この二コラの話を聞いて私は彼のファンになりました。

と同時に頭をよぎったのが 日本は「つんつるてん 」おやじスタイル 今真っ盛りだしなぁ... どうやって伝えようか... 

日本のおやじ達に理解してもらうのは時間はかかるだろうと感じました。

メルスィー オバ!

créme la de crème

TOM