シックなおやじになるぞ⁉フレンチスタイルブログ

フランスブランドを通してライフスタイルを考え日本のシックなおやじを目指しています。

ちょっと若めのフランスおやじ

 Caulaincourt 「 コーランクール」という靴屋

 

f:id:general-bass:20181010192315j:plain

 

 

 

ボンジュー ムッシュー サバ⁉︎

ちょっと若めフランスおやじ  Alexis Lafont 「アレクシー ラフォン」と初めて会った時 彼は

「まず靴の基本の製法について話しをしたい」

 

一番重要な事は その時のスタイルと季節感が大事だ

 

ブレーク製法は、ウエルトを使わず甲と底直接縫上げているのでコバも目立たなくできるし足元が繊細に見えるので エレガントなスタイル

 

ボロネーゼ製法は ブレーク製法より更に薄い底が使える その為「復りが良く」ブレーク製法より更に足元見た目が軽やか 少しスポーティーに見えるだから春夏のシーズンだ。

 

グッドイヤーウエルテッド製法

 

ブレークラビット製法(彼らはそう呼んでいた 日本ではブラックラピッドと呼ばれているものと同じ製法です。)

 

ノルウィージャンウエルテッド製法

 

この3つの製法はコバが張り底が頑丈なのでどうしても重く見える だから 秋冬シーズンだ。

ブーツは特にノルウィージャンウエルテッド製法が良い。

 

これらの基本をまず頭に入れて 日本のお客様のスタイルに合わせもらえばそれはそれで良い。

 

 

フランスの季節感

 

 

確かに フランス 秋冬は1年のうちで長く太陽が出る時間は短く 寒さも地面から身体に伝わってくるような独特の寒さ

 

春夏は1年のうちとても短い それに夜の21:00位迄は充分明るい 太陽を大切にし 最も大切にしている8月のバンカンスを控えているのか 私はこの春夏という時期をフランス人はとても大切にしているように その季節はとても大切に過ごしているように感じます。

 

 

確かに「ゴッツイ靴はなんか野暮ったいなぁ....」とパリの街中で自分を見て街ゆく人達とを比べ感じたのを覚えています

 

写真は全てモデル名#OPERA ラストは#SHAKO サイズも同じ7Size です

白色 ボロネーゼ製法f:id:general-bass:20181011153430j:plain

黒色 グッドイヤーウエルテッド製法

f:id:general-bass:20181011153557j:plain

茶色 ブレークラビット製法

f:id:general-bass:20181011153728j:plain

 

 最初は茶色のBOXカーフ ダイナイトソールゴム底で 製法の希望は グッドイヤーウエルテッドでした。

 

しかし アレクシー始めスタッフたち皆口を揃えて 重量感あるゴム底はグッドイヤーウエルテッド製法は絶対やめた方が良い。

なぜならレザーソールに較べてゴム底は分厚く重量もある どうしてもグッドイヤーウエルテッド製法が良いなら レザーのダブルソールがまだ良いのではと?

 

極端に言えばグッドイヤーウエルテッド製法はウエルトだけでアッパー(甲)とソール(底)を支えている 履き続けるとアッパー(甲)が いくらシューツリー入れて戻したとしても経年による形崩れが酷くなる 美しくない この場合は ブレークラビット製法が良い

 

Caulaincourt どうすれば お客様にスタイルに合った美しい靴を提供できるか?

 

まずその答のひとつは

 

製法はあくまでも方法であり目的ではない。

彼らは まさにパリジャンの靴屋であります

メルスィー オバ!

créme la de crème

TOM