シックなおやじになるぞ⁉フレンチスタイルブログ

フランスブランドを通してライフスタイルを考え日本のシックなおやじを目指しています。

パリの街と人

パリという街

 ボンジュー ムッシュー サバ⁉︎

 

私は3カ月毎に渡仏させて頂いており パリを拠点に各地方都市に行きます。

f:id:general-bass:20181205151606j:plain

日本からパリに入るのは シャルルドゴール空港を使う事が多く そこからパリ市内への交通利便性を考えると どうしてもパリの街の中心はオペラ座のあるOPERA(オペラ)駅周辺と考えてしまいます。

 

パリ市の大きさは東京JR山手線の内側とほぼ同じ 

セーヌ川はパリ市の中心を流れているので

北側をRive droite リヴ・ドロアと呼び(川の右)なので 右岸 

南側を Rive gauche リヴ・ゴーシュ と呼び(川の左)なので 左岸 

という事を初めてパリに到着し セーヌ川を渡る時に教えて頂きました。

f:id:general-bass:20181205165409j:plain

最初に宿泊したのは 最寄駅サンジェルマン・デプレで左岸

f:id:general-bass:20181205151712j:plain

最初に商談したのは 最寄駅バスティーユ  マレ地区というところで右岸でした。

その時 日本を良く知るフランスおやじは東京でいえば 私が宿泊するところのサンジェルマン・デプレは青山 このマレ地区は新宿のイメージだと教えてくださいました。

 

家賃を含めた物価は左岸の方が高いし元々の地元住民が多く暮らしているので治安も良い 。

そういえば同じ外国人向けのお土産品 左岸の店の方が倍くらい値段が高かったものがあったなぁと。

パリの危険地区

 

2015年1月と11月の2回起きた大きなテロ事件はこのマレ地区の目と鼻の先(ほぼマレ) パリ北東側でした。

私はこの2回のテロ以前の時期 2014年10月、2015年10月は11区のアパートを借りており テロ発生場所と1ブロックしか離れていない所 テレビのニュースを見ながら 巻き込まれていたかもと...感じたのを覚えております。

近くにマルシェ(市場)もあり物価も安い(ここお勧めの場所です)比較的住みやすいという環境ですので移民も多い。

路上で物乞いする人も多くいるようなところなので 治安は良いとはいえないと感じました。

 

パリの街詳細に関しては 坂男さんの情報は大変正確で参考になりますので引用させて頂きました

sakaotoko.com引用元: 坂男さんブログ

映画「最強のふたり

 

最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray]

最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray]

 

 引用元: アマゾンジャパン

 

映画の主人公の1人である ドリスの住まいは坂男さんが書かれている周縁部ですね。もう1人主人公フィリップの住まいは多分左岸でしょうか?この映画リアリティさもヒットのひとつかと思います。

 

坂男さんが おっしゃる通り 実体験として 私18区モンマルトルの丘付近のアパートに宿泊したのですが 商談の目的地に向かうのにBarbes 駅便利だったので 利用した時は危険を感じました

また買い物しようと1、2ブロック移動しただけで 昼間は観光客が多く安全と思っている場所からでも すぐに危険地域に入ってしまいます

何度も行かせて頂いているパリですがこの時だけは夜遅くは 地下鉄 徒歩やめてUBERを使いました

知人がイタリアからパリに到達し夕方市内に向け移動していた際リュックを背負っていたのですが 

右側左側それぞれ2人組が腕を取って持ち上げ 背後からもう1人が... あっという間だった… 多分パスポートと財布を入れているところ見られていたようだと 

まさかリユックでひったくりに会うとは... 相当落ち込んでいました。この「まさか」が起きる街でもあります。

パスポートとクレジットカードさえあれば何とかなります(できれば10€紙幣少しと

パリでも最悪を考えた準備は必要だと思います

パリの人

 

右岸は 政治 経済 中心でもあり高級店が並ぶサントノーレ通り シャンゼリゼ大通り を北に上がり 凱旋門 それを西側続く ビクトルユーゴ の高級ブティック その周辺の高級住宅街 と華やかなところもあります。

更にオペラ付近は二つの百貨店 プランタン 、ギャラリーラファイエットが軒を連ねてあります。

 

ルーブル美術館は位置的には ほぼセーヌ川沿い。

             f:id:general-bass:20181205165006j:plain

左岸に渡るにはオルセー美術館方面を目指し歩いても行ける至近距離。

左岸の中心   世界で最初の百貨店 ボン・マルシェがあるサンジェルマン付近  サンジェルマン大通り リューデバック付近 このあたりも高級ブランドのお店が軒を連ねていますが学生街でもあります。オデオン近辺にはパリ大学もあります。

私は 右岸の地区とは違う華やかさ 空気感 雰囲気を感じます。

サンジェルマン デプレの高すぎる有名カフェには全く興味はわきません。

食事と一息つくのは、少し外れた場所 また更に南側の地区 下町っぽいところも多く 美味しくて安い店があるので良くお邪魔させてもらいます。

f:id:general-bass:20181204142600j:plain     f:id:general-bass:20181204143604j:plain

左:オヤジカフェオーナー「フィリップ」さん わざわざお店の外まで見送ってくださいました。

右: パリの川谷拓三さん

地元のおやじが毎日来るような店なので 日本人は珍しいようで 覚えてくれるとサーヴィス抜群でなんとも居心地がとても良い。

 

いわゆる「おやじカフェ」です。更に 南の地区も移民は多いと思うのですが 夜でも安全を感じます 右岸のそれとはまた違った印象を受けます。

私は、

右岸は 緊張感というか強さを感じ新しいものを取り入れるという印象

左岸は 保守的でゆったりとした余裕みたいなもの 安心感という印象です

 パリの街

パリの道は汚いです。犬のふんも放置 気をつけて歩いても靴底にはわけのわからないものがくっついて汚れ落としが大変です。

 

メルスィー オバ!

créme la de crème

TOM